栄養士が教える! カロリー・栄養計算の方法 その③

カロリー・栄養計算の方法最終回です。多分。
以前までの記事で、栄養計算についてはおおかた理解できたと思います。
今回はその良いところ悪いところを。
最初に、悪いところ…というよりいまいちなところを。
まず、栄養計算はどこまでいっても目安でしかないというところです。

ほうれん草を例に挙げてみましょう。ほうれん草は一年中、また日本全国どこでも同じ栄養成分なのでしょうか?
答えはノーです。当然ですね。
食品成分表ではこれらを全部ひとまとめにした平均、また代表的なものの成分にしています。
旬の脂ののった秋刀魚でも、カスカスの秋刀魚でも表記は同じです。
食品によっては成分が大きく異なります。
また、調理による栄養素の損失なども考慮されていません。

熱を加えるとビタミンCが分解される、なんてよく聞くと思いますが、どの食材にどんな熱が何分加わったからどれくらい消失した、なんて調べて計算できるはずもありません。

また、食材の成分の吸収率も異なってきます。GI値等。これらを考えると、栄養計算はあくまで目安であり、栄養成分は計算の値より少ないと思った方が良さそうです。

…と、散々Disりましたがもちろん良いところもあります。いえ良いとこだらけです。

何と言っても栄養学がなければ人々は健康で暮らせなかったでしょう。
目安でも、あれは大体何キロカロリー、あれはものすごくカロリーあるから食べるのやめよう、とわかるのは重要です。
また糖尿病、腎臓病の人にとっては死活問題でもあります。ちゃんと計算された食事を食べないと症状が悪化してしまいますので。
…と、まだ発展途上ではある栄養学ですが、栄養計算をある程度理解しておく事をオススメします。
人間、生きている以上食べ物は食べ続けなければいけないのですからね。

…上手く〆られたかな(ゴクリ

栄養士が教える! カロリー・栄養計算の方法 その②
栄養士が教える! カロリー・栄養計算の方法 その③

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中